スマホ老眼の改善方法とは

スマホ老眼を改善させる方法として、まずは、生活を見直すことが大切です。連続して使用したりすることで悪化してしまうため、定期的に目を離して遠くを見るようにするだけでも、効果があります。対象から目を離し遠くをみることで、近くを見ていることで緊張させていた毛様体筋を緩めることで、休ませることができます。
また、日ごろから、スマホの利用の際には、眼との距離を保つことが大切です。眼との距離は40cm以上が推奨されております。何か作業をしている場合でも、作業を1時間続けたら10分から15分は休憩して遠くを眺めたり、立体的で奥行のある風景画などを見ることも改善につながります。
また、疲れを感じた場合には、蒸しタオルなどで、眼の周りを暖めることで、血行がよくなり、毛様体筋の緊張をほぐすことができます。
普段から集中すると瞬きの回数が少なくなるため、意図的に瞬きをすることで、眼の乾燥を防ぐことで眼へのダメージを少なくすることができます。
眼が乾燥したときには目薬を活用することも有効です。目薬を利用することで、毛様体筋の緊張も和らげることもできます。
さらに、眼鏡やコンタクトを利用している方の場合は、それが合っているかを定期的にチェックすることも大切です。
眼の体操や、マッサージなども効果的です。十分な休養と規則正しい食生活など、普段の生活を改善させることも、スマホ老眼の症状を進行させないためにもとても重要です。
スマホ老眼対策ナビ|おすすめのスマホ老眼対策決定版!はこちら