総量規制オーバーでも借りれるキャッシングとは?

社会人として収入を得ている人がお金を借りる手段というものはたくさんありますが、そのなかには担保や保証人が必要だったり、申し込みの手続きが面倒だったりするものもあります。具体的な例としては銀行の住宅ローンなどがあります。確かに銀行からのお金の借入というものは比較的金利が安く、安心してお金を借りることができるというメリットがあるのですが、前述したように申し込みや契約の手続きが面倒だというデメリットがあります。
それに対して誰もが比較的簡単にお金を借りる方法として消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは年中無休でキャッシングの申し込みの対応していることもあり、即日でお金を借入れたいと思っている人にとっては非常にありがたいサービスとして大勢の利用者がいます。
しかし、消費者金融のキャッシングの場合、その利用に際しては注意点があります。それは総量規制の対象となっているということです。総量規制という法律では、消費者は自分の年収の3分の1を超える借入はできないルールになっています。そのため、自分の年収の3分の1以上を超える金額を借入れたいというときには消費者金融以外のサービスを探さなくてはなりません。
総量規制オーバーでも借入のできるサービスとしては銀行のカードローンがあります。銀行のカードローンは年収の3分の1を超える金額であっても審査次第では自分の必要としている金額の借入をすることができるのです。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら